地獄バネのその後

知らなかったとはいえ、Nikon S2の地獄バネ現象に見舞われたのではあるが、このままでは面白くないということで、再度同じレンズを入手したのである。レンズ交換がこれほど緊張を強いられるのは初めてであるが、とりあえず約束事さえ守ればいいということで。懲りないのである。。。

右が、パイプレンチによって傷だらけ、ロック機構が壊れた物。装着しているのは新たに入手した物。

もうこの機種は、付けっぱなしにしようかな、と思うのである。